キャッシング スマホ完結 審査 メリット デメリット

最近ではインターネットから申込みが行えるカードローンがほとんどですが、その申込みだけで契約が完了できるweb完結と呼ばれる契約方法も増えてきました。

 

そのweb完結のメリットとデメリットをまとめてみます。

 

web完結のメリット

 

このweb完結で契約を行う場合、必要となる書類は申込みの段階で写真に撮ったものを送信します。よって、インターネットからの申込みとは別にFAXで送信したり、郵送で送付するような手間がありません。

 

また、申込み後の審査に合格した時点ですぐに銀行振り込みでの借入れを行うことができるので、できるだけ早く借入れを行いたい場合には通常のインターネットからの申込みよりおすすめできます。

 

そして、このweb完結では本人への連絡だけでなく、勤務先への在籍確認を行われない金融もでてきているのも充分にメリットだと言えるかも知れません。

 

通常この在籍確認は実際にその勤務先まで電話を掛けて確かに在籍していることを確認しますが、そのような電話が掛かってきては困るという人もいるでしょう。
一部のweb完結可能なキャッシングではこの確認も書類で行う為、一切どこにも連絡がいくことはありません。よって、誰にも知られずにキャッシングを行うにはこのweb完結はもってこいだと言えます。

 

申込みは24時間いつでも行えますが、審査は日中にしか行っていない為、夜中に申込みを行った場合には最短でも翌朝まで待つ必要がありますが、この場合には翌朝すぐに審査の結果のメールで送られてくるので、合格していた場合は即振込みで借入れが行えます。
翌日にお金が必要になると分かっている場合には、このweb完結が最短で借入れが行える契約方法だと言っていいでしょう。

 

web完結のデメリット

 

web完結では一切どこにも連絡を行わずに契約が完了するという性質から、通常のインターネットからの申し込みや自動契約機から申し込みを行う場合より、申込みができる人が限られている点がデメリットだと言えます。

 

まず、顔写真付きの身分証明書が必要になるという点があります。具体的には運転免許証、もしくはパスポートが必須です。この他の書類ではweb完結では身分証明書として扱ってもらえません。

 

その他にも在籍確認の電話を行わないので、その代わりに在籍の証明ができる書類として、勤務先の名前が入った社会保険証などの国民健康保険以外の保険証が必要になるので、そういった保険証の発行を受けていない人はweb完結を利用することはできません。

 

この他にも源泉徴収票や給与明細票などの収入証明書が必要になる場合がありますし、銀行であればその銀行の口座を所持していることが条件という場合も多く、これらの条件を全てクリアできないとweb完結での契約は行えない場合があります。

 

また、原則的にキャッシングカードの発行が行われないという点も、web完結のデメリットだと言っていいでしょう。
契約後の利便性を考えると、これは大きなマイナス要素だと言えます。追加での借入れは専用の会員サイトの操作で銀行口座への振込みで行うことになり、返済も同じく銀行口座からの引き落としで行います。何かと引き落としが多く、銀行口座が残高不足になることが多いような人にも向いていない契約方法だと言えるかも知れません。

 

まとめ

 

web完結であれば、来店する手間がありませんので平日仕事で銀行に行けない人でもかんたんにお金を融資してもらう事が可能です。

 

スマホ一つあれば申込むことができるので、大変便利な契約方法ですしweb完結が可能な金融はどこも融資までのスピードが早いので急いでいる人や来店する手間を省きたい人はぜひおすすめです。